RECORDS

書評、動画実況、機材、ソフト、動画編集、副業、How to

新鮮なだけじゃない!人の温かさがあるお寿司屋『くるくる寿司』【札幌駅】

札幌駅でお寿司食べたいけどお金が、、って方はぜひ!
f:id:higehigex:20180711230007j:plain

皆さんこんにちは! 札幌在住のぽんです!

札幌にはさまざまな回転寿司屋さんがありますが、今回は札幌駅内でのおすすめ回転寿司を紹介します!!


札幌駅構内の回転寿司屋は
 ① 根室花まる (JRタワーステラプレイス店)
 ② 北海道四季彩亭 (ESTA 10階)
 ③ くるくる寿司 (札幌駅地下 アピア内)
の3つです。

どれも札幌駅内といえども場所が違うので注意してください!
値段や外装、混み具合も違ます。


そして今回は③のくるくる寿司についての項目でまとめましたので、
観光客の方はもちろん、北海道内の方々も是非参考にしてください!

f:id:higehigex:20180816034043j:plain


店名  

くるくる寿しf:id:higehigex:20180326162810j:plain         

サイト  

食べログのサイトがこちらです⬇︎ https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010101/1005951/

詳しい料金外観や内観お寿司の写真口コミメニューその他外部情報が載っております。

場所

北海道札幌市中央区北5条西4丁目 札幌駅地下アピア内

札幌駅地下直結なので、天気がひどい日でも行きやすいです。


地下に関しては少々わかりずらいのでこちらを参考にしてください。
f:id:higehigex:20180712001241p:plain
※これでも小さければ公式のフロアマップhttp://www.apiadome.com/floor_map_1を参考にしてください。

やはり『案内所』に聞くのが早くて正確ですね!

なぜここにしたのか?

簡潔にまとめると、
札幌駅の3店舗のうち『四季彩亭』はよく行くので省き、
根室花まる』は激混みで食べれなかったので、残った『くるくる寿司』にしたという感じである(個人的な理由ですいません)。

ちなみに『根室花まる』がどれくらい混んでいたかというと、
土曜日のお昼だったからなのか
106組待ち』だった(笑)

くるくる寿司は入った後からどんどん客が来ました(タイミングがよかったです。)


値段

f:id:higehigex:20180326162617j:plain

1皿120円〜580円ほどですので、札幌では高すぎるわけでもなく、どちらかと言うと少し安めなお寿司屋さんですね。
100円寿司の『魚べい』や「スシロー」などのリーズナブルな回転寿司屋さんの次のレベルだと思います。
(私の場合は、好きなネタがどれも子どもっぽく、マグロ、イカ、炙りサーモン、イカオクラ、タコ、とびっこ、カニくらいなので、ここでいうカニ以外は120円ほどで食べれます(安い大人です(笑))。

カニズワイガニが280円と、とてもリーズナブルに新鮮な本場のお寿司を堪能できます。

前行った時は8皿くらいで1300円いかないくらいでした!(それとJRスクエアカードを持っているとドリンクが一杯無料なので、持っている方は忘れずに提示しましょう。)


ちなみに『四季彩亭』もこれくらいの値段だったのでよく行っていたのですが、
最近改装してから、ワンランク高い値段になりました、、

平均的な20代半ばの男性が10皿、女性だと6皿食べて満足レベルだと思います。
ただ、隣の男性が一人で16皿食べていましたが、そういう時もあります(笑)

数多くの札幌の美味しいお寿司を食べたことがある視点から言わせていただくと、
普通に「美味い」です!

ただそこまで問題では無いのですが、少し個人的なマイナスポイントを言うなら、
ネタの大きさが最近食べた「くっちゃうぞ」という回転寿司屋さんの方が安いのに大きかったことくらいですかね(ケチなとこ出てます)
しかし、おすすめにも書いていますがこのお店は味以外の強みがたくさんあります。

おすすめの方

・あまり時間をかけたくない(混み具合
・あまりお金もかけたくない(コスパ
・けど札幌の海鮮を感じたい(北海道堪能
・まったり美味しいお茶を堪能したい方
f:id:higehigex:20180712010153j:plain こちらの写真にあるようにここでは煎茶げんまい茶を選ぶことができます。
これは今までいったお寿司屋さんにはなかったので珍しいです。

コメント(雰囲気等)

職人さんの仲がとてもいい印象を受けました!
例えば、
職人A「あれ、サバこっちの卓でしたっけ?あ、違う!?すいませんね〜!」



職人B「サバもう一皿!」
職人C「はいよ!」
職人B「サバ出した!?」
職人C「あ、もう一皿か!おっけい!」

みたいに、たまたま見た場面ではあるのですが、とても人間性が出ていて、職人さんに笑顔が溢れ、その笑顔がこっちまで伝わってくるという感じでした。


個人的にそういうところがお店にはとても大事だと思っています。

完璧を求めてひたすら寿司を握り必要最低限の会話だけをするだけならロボットでいい。その人間性があって、その人の個性があって、そして初めて"その人"の握ったお寿司という価値が生まれるのではないかと思います!

美味しいお寿司を提供するのは当たり前の時代、品質で勝負するのももちろん重要ですが、サービス面で差をつける必要もあり、それが今後重要になってくるというお話です!


もしこちらに訪れた際は、そういう雰囲気を加味してお寿司を堪能してはいかがでしょうか!

何か札幌に関して聞きたいことがありましたら、なんでもお尋ねください!

食(ラーメン、居酒屋、焼肉、ご飯もの等)はもちろん、移動やわからないちょっとしたことに関してご気軽に訪ねていただければこちらとしてもうれしいです。