FUTA LABO | ふたラボ

北海道で活動する道内若手人材の可能性を広げるために必要なヒト・モノ・情報を提供するメディアです。

【読書メモ】無意識を意識化しろ![「習慣で買う」のつくり方]

「習慣で買う」のつくり方


詳細

タイトル:「習慣で買う」のつくり方
著者名:ニール・マーティン
発売日: 2011/12/13
ページ数:244p
出版社:海と月社
価格:定価 1,728円
Amazon 中古 17円〜
ISBN-10: 4903212319
ISBN-13: 978-4903212319


「習慣で買う」のつくり方

「習慣で買う」のつくり方



簡単メモ

(概要や詳細はAmazonページより参照ください➡︎
「習慣で買う」のつくり方


脳科学者や認知心理学者に言わせれば、人間の行動の95%を支配しているのは無意識。この無意識と顕在意識(明確に心の中に自覚されている意識)がうまく連動しているおかげで、車に乗りながらラジオを聴くことができる。

➡︎これの何がすごいかというと、無意識をうまく使えば同時に様々なことができるようになるということ。つまり時間を有効に使うことができる。

 例えば、歯磨きをしながらテレビを見たり、スマホをいじったりすることができるのは、「歯磨き」は毎日することで慣れているからである。
また、アルバイトなど新しいことを始めるときは、最初は一つのことを覚えるので精一杯である。しかしだんだん慣れてくると、次のことを考えながら違うことをしたりと同時に様々なことを行えるようになってくる。これが無意識の力である。

商品がヒットするかどうかは、消費者の『習慣脳(脳が無意識のうちに処理する意識)』にある記憶と関連づけられるかどうかにかかっている。いくら大量に広告を投入したり、良い場所に商品を陳列してもその変化を起こさなければ成功はできない。

ビルゲイツが世界一のお金持ちになることができたのは、彼の会社のソフトウェアを習慣的に使うことが、現代社会に生きる上で不可欠となったから。市場に一番乗りしても、最高の商品を作っても、最安値で提供しても成功するとは限らない。成功したいなら、消費者から無意識に習慣として選ばれるものにならなければならない。

つまり商品提供者は普段から無意識に過ごしていることを無理やり意識化するクセづけをする必要がある