RECORDS

書評、動画実況、機材、ソフト、動画編集、副業、How to

【読書メモ】これぞクリエイティブな企業の代表格[発想する会社!]

発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法

こんな刺激的な企業見たことない、、




 皆さんはIDEO(アイディオ)というアメリカの企業を知っているだろうか?

 この企業は文化人類学者やフードコーディネーター、ビジネスリーダー、建築家、デザイナーなど様々な分野のプロフェッショナルが集まり、問題解決にあたる会社である。

この著書はそのIDEOの創業者であるトム・ケリーの書いた第1作目である。


また、共同創業者のデビット・ケリーがTEDxTokyoにも出ているのでぜひ見ていただきたい!
これからの生活が変わること間違いなしだろう。

デビッド・ケリー 「自分のクリエイティビティに自信を持つ方法」(How to build your creative confidence | David Kelley)


詳細

タイトル:『発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法』

著者名:トム・ケリー(Tom Kelley)、ジョナサン・リットマン(Jonathan Littman)

翻訳:鈴木 主税 、秀岡 尚子

発売日:2002/7/25

ページ数:325p

出版社:早川書房

価格:定価 3,240円(込)

Amazon 中古 1,134円〜

ISBN-10: 415208426X

ISBN-13: 978-4152084262


発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法

発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法




簡単メモ

(概要や詳細はAmazonページより参照ください➡︎(発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法


  • 最初社内に多くのインスピレーションをもたらしたのは接着剤だ。何もかもくっつけれる。

➡︎『アイデアのつくり方(ジェームズ・W・ヤング著)』で「イデアは既存の要素の新しい組み合わせ」と言われている。ここで接着剤がなぜ出てきたのはもうお分かりだろう。

➡︎つまり、本著の題材になっているIDEOという企業はアップルのマウスをデザインした。

  • 難しい判断や理解できない問題で行き詰まった時は、自分が知っている限り頭のキレる人間に相談すること。


  • 一部の分野で専門知識を深め、信頼関係を気付きながら、私たちは常に新しい試みをし、さらに高く飛び続けている。

➡︎専門知識があるからこそ、それが強みになると同時に、相手に信頼を与えることができる。


  • IDEOがデザインした人々を観察することによって生まれた製品:マウス、立たせておける歯磨きのチューブ、必要なものが一式揃った釣り具キット、ハイテクの血液分析器、フレキシブルなオフィス用シェルフ、自動密閉式のスポーツ用ドリンクボトル。


  • 常に観察する癖をつける。何物にも問う。

➡︎これが簡単そうで、すぐに忘れる。無意識を意識化する『メタ認知』にも少し似ている。


気になった方へ

 IDEOは他にも著書を出している。

 特にこちらの『クリエイティブ・マインドセット』は自分に自信を持てない人、一歩踏み出せない人、人生をより楽しみたい人にはぜひ読んでいただきたいです。(近いうち読書メモ書きます)

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法