RECORDS

書評、動画実況、機材、ソフト、動画編集、副業、How to

思い出しただけでヨダレが出る。最高にうますぎる【ぶた丼のとん田】[帯広・北海道]

f:id:higehigex:20180816132816j:plain
帯広行ったらここは行くべき!!


北海道帯広市は、
札幌から約200キロ、高速道路で約時間弱のところにあります。

f:id:higehigex:20180816201136j:plain:w500

そんな帯広は、
マルセイバターサンドで名の知れた『六花亭』の本店や『ばんえい競馬』、帯広発祥の豚丼で有名です。


そしてぶた丼は『ぶたはげ(札幌近辺の三井アウトレットパークにもあります。)』や『いっぴん札幌駅内にもあります。)』などが人気ですが、


今回、
帯広に住んでいた知り合いに勧められた『とん田』という豚丼のお店に行ってきたのでご紹介します。


ちなみにお盆に行ったというのもあるのですが、とんでもないくらい並んでいました。(お店の前に列の続きがあります(笑))
f:id:higehigex:20180903001251p:plain


これから帯広に行く予定のある人、豚丼好きにはきっと役に立つと思います!
(2018/8/16現在)


店名

ぶた丼のとん田

読み方は「とんでん」ではなく、『とんた』です。


営業時間

11:00~18:00(売り切れ、早期閉店することもあります。私の場合も客足は止まらなかったのですが、予定より早くストップがかかっていました。)


場所

道路沿いに面しているのでわかりやすいです。


〒080-0810 北海道帯広市東10条南17丁目2


内装

テーブルには山椒、コショー、辛味がありました。山椒が味を少し変えたいときに抜群に合いました。
f:id:higehigex:20180816192735j:plain

豚丼のTシャツも2,200円で売ってました。
f:id:higehigex:20180816192746j:plain


メニュー

オモテ面
f:id:higehigex:20180816190130j:plain(2018/8/16)

ウラ面
f:id:higehigex:20180816141319j:plain(2018/8/16)


インスタ映えする『バラぶた丼』にもとても惹かれたのですが、ロースも食べたかったので、『ロース・バラ盛り合わせ』880円にしました!
f:id:higehigex:20180816190447j:plain
見てくださいこのお肉の量と大きさと厚さ。

本当に美味しいです。「いや、うまいわ」連呼しながら食べてました。

バラはとても柔らかく、油が多めでタレがよく染み込んでおり、噛むたびにプリプリとしたお肉の食感を堪能できます。
お肉が柔らかくプリプリしているので口の中ですぐなくなっちゃいます。


ロースはバラに比べて食感は少し硬めで、油もそこまで多くなく、ちゃんと「お肉感」を味わえます。


とにかくご飯がすすみます。



ちなみにこちらが『バラぶた丼』です。
f:id:higehigex:20180819180234j:plain
見ていただければわかると思うのですが、
お肉一枚一枚がとても分厚くしっかりしているのに、噛んでみるととても柔らかく、肉汁とタレが口の中に広がります。




どのメニューを選ぶかについてなのですが、
『バラぶた丼』はバラがひたすらのっているので、「ちょっと違った食感も欲しい!」という方には『ロース・バラ盛り合わせ』がおすすめです。
「いや、おれはバラを堪能したいんだ」という方は『バラぶた丼』一択ですね。



こちらが足りなかったらかける豚丼のタレです。

f:id:higehigex:20180816192259j:plain:w400

このタレがめちゃくちゃうまいです。タレだけでもう一杯いけます。ほんとに。


美味しさ度

美味しさレベルは★★★★★星5です。文句なしです。お米も美味しかったです。

あえていうなら、「ご飯もっと欲しかった、」くらいです、、まぁこれはタレご飯を食べ過ぎたからだと思うのですが(笑)


感想

私が食べた日にたまたま知り合いも帯広でぶた丼を食べていたのですが、彼は「とん田」ではなく違う店舗にいました。

その理由は「とん田が並びすぎだった」から。

確かに大きい道路に面しており、駐車場も広めなので車で来やすい!というのはありますが、それだけではない豚丼の美味しさが人を惹きつけていると思います。


せっかくの旅行や観光で来られる方にとって1時間はとても貴重だとは思うのですが、
それ以上の価値はありますので、是非訪れてみてはいかがでしょうか!