RECORDS

書評、動画実況、機材、ソフト、動画編集、副業、How to

毎月安定した収益を作る方法とは!?【ストックビジネスの教科書】

ストックビジネスの教科書
身近なところにアイデアは転がっている・・?



本書の著者、大竹氏が提唱する「ストックビジネス」とは、「毎月安定した収益を得るビジネスモデル」です。

「そのようなビジネスモデルは素人でもつくれるのか?」

そんなノウハウがぎっしり詰まった1冊です。

詳細

タイトル:ストックビジネスの教科書 毎月継続的に収益をあげるビジネスのつくりかた
著者名:大竹 啓裕
発売日:2015/10/20
ページ数:237p
出版社:ポプラ社
価格:定価 1,728円、Kindle 1,600円、Amazon 中古 620円(2018.9.2)〜
ISBN-10: 4591146944
ISBN-13: 978-4591146941

ストックビジネスの教科書

ストックビジネスの教科書


著者 大竹 啓裕

株式会社ハッチ・ワーク 代表取締役社長
株式会社ストック総研 取締役会長
大竹アンドパートナーズ税理士事務所 シニアコンサルタント
非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会 副理事長



不動産業界に革命を起こしたいと考え42歳で起業。
現在の主事業であるアットオフィスでは、フロービジネス(仲介事業)をFC展開する目的でスタートするものの、その後ストックビジネスに移行し複数コンテンツを創造する。

行列ができる大人のレンタルオフィス「インスクエア」や貸し会議室「アットビジネスセンター」など、独自理論で様々なストックビジネスを拡大し、現在では売上の7割以上をストックビジネスに転換し、年商は10億円を超える。

これまでの新規事業立ち上げは19事業

近年は、起業家支援と実践指導の場として、インスクエアの入居者に対して、ストックビジネスの構築指導及び資金調達等を行う。
ストックビジネス 大竹啓裕の公式サイト「http://otaketakahiro.com/profile」より)

otaketakahiro.com



簡単メモ

(概要や詳細はAmazonページより参照ください➡︎ストックビジネスの教科書

● ビジネス:連続的に利益を生み出す活動。(「学祭」などは利益を生み出すが、連続性はないのでビジネスとは言わない。)


ストックビジネス:継続的にお金が入る+売ることができる(例えばフランチャイズ。)


● カミソリのビジネスモデルはストック性が高い。
⬅︎ネットがいくら発達しても大人の男は毎日ヒゲを剃る。つまり、需要が永遠に生まれる。さらに、毎日ヒゲを剃ることで刃が劣化するので、刃は消耗品であり、そこにチャンスが生まれる。 

 コカ・コーラも同じ。レシピが絶対に秘密の「原液」を世界の様々な地域のボトラーに売り、ボトラーが販路を開拓するというストック性の高いモデル。日本では飲料自動販売機の台数でも圧倒的な一位に君臨。

 ストック性が高く、しかも市場シェア1位のモデルは、首位としての恩恵を受けると同時に、ストック性の継続的な利益という側面も加えられて、時間がたてばたつほど資産価値が増大する。
➡︎「ストック性が高い×シェア1位」は最強のビジネス


● ストック思考:ビジネスのストック性が高いか低いかを意識的に見ていく。身につける上で重要なのは、長期的な視野に立ってそのビジネスの成功を考えること。


ストックビジネスを見分ける方法:「初回無料」「機器の価格が安い」「営業マンが提示する特典がでかい
⬅︎明日から注目して生活してみよう!



「17のビジネスモデル」と「8つの課金モデル」

本著ではビジネスモデルを17種類、課金モデルを8種類書かれていますが、今回はその中のビジネスモデルを5種類、課金モデルを3種類紹介させていただきます。


❶ インフラ提供型

 電話、ケーブルテレビ、プロバイダなどのなくてはならないものを提供するモデル。インフラ整備コストが巨額なため、大手事業者の寡占市場になる。投資額が大きく、新規参入障壁は高い。


❷ レンタル、リース型(機器使用)

 自動車、複合機など高額製品を提供するモデル。購入ではなく月々の支払いにすることで、会社経費の上でも利用者としてもメリットがある形態。機器の所有権が提供者側にあり運営には資金が必要。


❸ 定期購入型

 新聞や雑誌などの定期的に刊行されるものを届けるモデル。商品の安定した供給ができ、また顧客が消費していくものであれば可能。最初は無料にすることなどで、継続課金への切り替えのアプローチがしやすい。


フランチャイズ

 看板(ブランド)やノウハウなどを提供することにより得られるロイヤリティがフランチャイザーの収入となるモデル。出店などのコストをフランチャイジー(加盟者)が負担することで、事業拡大の時間短縮ができる。

主に成果報酬として、売上に応じた割合の収入を得るので、フランチャイザーの収益は安定するが、フランチャイジーが存続できるようにするノウハウ開発の責任も大きくなる。


❺ 会員制型(特別待遇)

 コストコや会員制バーなど特定の会員にだけ利用権を与えるモデル。お得に買い物ができる資格を与えるものもあるが、会員であること自体がステータスとなる場合もある。既存のサービスとは別にプレミアムサービスとしての導入も可能。



8つの課金モデル

❶ 固定課金

 毎月固定額を支払うタイプ。契約書によるものもあるが、通信費などのインフラ系の場合は基本料金として固定分を請求し、利用したぶんは別に利用ぶん課金を併用する場合が多い。

【例:携帯電話、wifiルーター、有料メルマガ、lineミュージック】

❷ 固定レンタル料課金

 ものをレンタルすることで毎月定額の利用料を支払うタイプ。物の所有権は提供者にあることが特徴。

【例:CD・DVDの定額レンタル、清掃用品の定期使用、足拭きマット】

③ 消耗品購入

 契約は存在しないが、専用の消耗品を使用しないと利用できないため、事実上の継続課金になるタイプ。

【例:インクジェットプリンター、替え刃カミソリ、ウォーターサーバー



準備編

● 必要なのは、客観的な「自分の強みを知り、それが市場においてどう判断されるかを理解すること。


「アイデア」+「熱意」=「引力」
 アイデアの質が高く、それに対する熱意があれば人を惹きつけることができる。そしてその「引力」を「信用」に変える。「信用」は継続的な仕事をもたらす。


● ビジネスにおいては新規顧客の獲得はやはり難しい。ところが、一度買ってくれたことがある人ならはるかに話を聞いてもらえる可能性が高い。
➡︎ 単純接触効果「会った時に新しい情報をもらえることも!」➡︎とにかく足を運べ!
「切れない糸」を無数に張りめぐらせる

 また、商品デザインにおいては逆に「消えて無くなるもの(ジレッタ的な)」を作っておくと効果的。
➡︎ 会う機会を作れる



商品デザインのアプローチ

A. 需要超過の市場を目指す。長期的な視点で見て、これから伸びる業界にだけターゲットを絞って事業を展開する

B. それかコンテンツの質を徹底的に高めて、人気を集め、商品の質によって需要を喚起するという方法


● 上の『B』の例として、 "ピアノガイズ" は趣味とはとても言い難いレベルまでコンテンツの質が達している。
(ピアノガイズは4人組のアメリカの演奏集団なのですが、演奏の質はもちろんカメラワークや演出等全てを極めています。)


Titanium / Pavane (Piano/Cello Cover) - David Guetta / Faure - The Piano Guys



● ビジネスを起こすにあたり、資格や職歴があるに越したことはないが、それよりもはるかに大事なことは「あなたの考えるビジネスに顧客がいるかどうか


● 収益ユニットは「(基準の)収益」×「増加率」×「継続率」
特に「継続率」を一番重視する。


● ペッパーくんもストックビジネス

ペッパーくんの案内(はま寿司)