RECORDS

書評、動画実況、機材、ソフト、動画編集、副業、How to

【トランプ】『スコパ』の簡単ルール説明 二人でじっくり対戦したい方へ

f:id:higehigex:20180910183340j:plain
イタリアで大変有名なゲームの『スコパ』とは?


ゲーム名

スコパ(Scopa、スコーパ)

簡単なルール説明

手札のカードと同じ数字のカードを、場に出ているカードからとっていき、最終的にポイントが高い人が勝ちの得点制のゲームです。

プレイ人数

2人

使用するカード

「8」、「9」、「10」と「ジョーカー」2枚を抜いた計40枚のカード。

そして、
J(ジャック)を「
Q(クイーン)を「
K(キング)を「10
 として使用します。


(※「ジョーカー」2枚だけを抜いた52枚ルールもあります。)

カードの強弱

同じ数字のカードを取っていくだけなので特にありません。

得点計算

このゲームは先に11点取った方が勝ちという得点制のゲームなので、得点を記録する必要があります。

ゲーム中に発生する得点

・場に出ている全てのカードを取ることができた人(最後の1枚を取った人でも) ➡︎ 1点

終了後にわかる得点

・取ったカードの枚数が多い人 ➡︎ 1点

・取ったダイヤの枚数が多い人 ➡︎ 1点

・ダイアの「」を取った人 ➡︎ 1点

・同じ数字のカードを4枚集めたとき1組につき ➡︎ 1点

ルール説明

① じゃんけんをして親を決める。

② シャッフルをする。

③ 自分と相手に4枚ずつ配り、場に表向きに4枚配置し、残りのカードを山札として真ん中に配置する。

④ 配られたカードを各プレイヤーの前に表向きにして出す。

f:id:higehigex:20180910184645j:plain:w400

⑤ 親から手札と同じ数字のカードが場にあれば、それら両方を取って手札とは別に持っておく。

⑥ また、手札のカード1枚と場の2枚以上のカードの合計が同じになるものがあれば、それらを全て取り、手札とは別に持っておく。

※ しかし、⑤と⑥には優先度があり、⑤が可能であれば⑤を行わなければならない。

⑦ もし取れるカードが場になければ、手札のカードを1枚場に出して場のカードとして扱い、次のプレイヤーに移る。

⑧ お互いに手札がなくなったら、山札から4枚ずつ補充する。

⑨ これを繰り返し、山札がなくなり、手札がなくなるまで続ける。

⑩ 場のカードは、最後にカードを取ったプレイヤーが全て回収できる。(場に1枚しか無くても、その1枚をとれば)

⑪ 終了したら得点を計算して、11点になるまで繰り返す。親は交互に行っていく。


ローカルルール

・お互いの手札を裏向きにして見せないようにする。
そのため戦略として、わざと回収できるカードがあっても回収せずに、場にカードを出すなどといったことも可能になる。

・手札が全て無くなってから4枚補充するのではなく、手札から1枚出した後にすぐに山札から1枚手札に補充するルール。(常に手札を4枚にする。)

・回収するとき、同じカードが場に2、3枚あればその2、3枚全て取れる。


最後に

本格的に遊びたい場合は、最近の百均のトランプは質がいいため十分使えるのですが、こちらのBICYCLE(バイシクル)というマジシャンもよく使うトランプで、手触りが良く、シャッフルもしやすく、音も違い、周りも持っている人が少ないので一つ持っていて損はないと思います。

レッドとブルーのセットはこちらです⬇︎



ブラックはこちらです⬇︎

ページワン』のルール説明はこちらです。
www.thinking-samurai.net