RECORDS

書評、動画実況、機材、ソフト、動画編集、副業、How to

複数のマイクの音を別々に録音・書き出すには?【簡単・Cubase】

f:id:higehigex:20180911214554j:plain
友達とゲーム実況をしたい方など!


※この記事は音楽機器に詳しくない方向けの録音に関する説明です。

書き出す際の2つのパターン

複数のマイクの音を一つのパソコンで録音した場合、書き出す(mp3としてデータ化する)パターンとしては、

 ① 全てバラバラのデータとして保存。
 ② まとめて一つのデータとして保存。

の2つの方法があります。


①の場合はデータそれぞれの音量が違う場合、そのまま保存しては後で変更がききません。

本当は録音したソフトでそのまま音の調節をしてからまとめて保存するのがいいのですが、もし保存したデータを動画編集に使うのであれば、そちらでカットしながら音を調節したほうがやりやすいので個人的には①がオススメです。


そこで今回は、上記の①と②の保存の仕方についてご説明いたします。


使っている機材

私は『audio-technica サイドアドレスマイクロフォン AT4040』というコンデンサーマイク2本と、『Steinberg 24bit/192kHz対応 USBオーディオインターフェイス UR-RT2』というオーディオインターフェース、録音にはこのインターフェースについてきた『Cubase』というソフトを使っています。


録音の仕方や詳しい機材の説明に関してはこちらをご覧ください。
www.thinking-samurai.net
www.thinking-samurai.net



書き出しの仕方

録音し終わった程で説明します。ボタン一つでできるのでとても簡単です!

実際に録音し終わった画像はこちらです。
f:id:higehigex:20180911202549p:plain
「Audio 01」と「Audio 02」の2本のオーディオトラックがあるのがわかると思います。


この状態で、
「ファイル」➡︎「書き出し」➡︎「オーディオミックスダウン 」➡︎「書き出し」をしてしまうと、一つのファイルに全ての音声データが入ってしまうので、それぞれの音量の調節ができなくなってしまいます。


ではどうすればいいのか?


それはこちらの黄色いスピーカーマークのモニタリングをオンにすればいいだけです。
f:id:higehigex:20180911202855p:plain

オンにしたトラックは録音されないので、この状態で書き出しをしたら上のトラックだけ保存されます。


つまり、
②(まとめて一つのデータとして保存)をしたかったら全てのモニタリングボタンをオフにします。

①(まとめて一つのデータとして保存)をしたかったら保存したいトラック以外の・・・モニタリングボタンをオンにします。


これだけです!